ZFオンラインゴルフスクール
NEWS
お知らせ
NEWS・TOPIX

傾斜の打ち方。左足上がりの打ち方。傾斜からのショット。苦手を克服。

2022/12/05

今日は、左足上がりの傾斜からのショットの打ち方についてお伝えしていきたいと思います。

まず左足上がりとは名前の通り、左足側の地面が高い状況のことを指します。

左足上がりでは通常通り構えますと、クラブのロフトはやや上を向く傾向にありますので、少し大きめのクラブを持つことをオススメします。

左足上がりの特徴としては、姿勢は成り行きに立ってもらいます。

肩を傾斜と平行にするなどの方法もありますが、通常のフルショットの場合では成り行きに立っていただくことをお勧めします。

そしてスイングをしていく中で、クラブがインパクトの際に大きく、地面に突き刺さるような特徴もあります。

芝生から打つ場合でも、非常にターフが取りやすい傾斜の特徴でもあります。



クラブはインパクト時に大きく、地面の抵抗を感じ、クラブが地面に突き刺さるような感触が感じられます。

そして、芝生ではクラブが抜けにくいという特徴もありますので、無理にフィニッシュを取る必要はなく、クラブが突き刺さりクラブの動きが止まってしまったとしても、自然に振れる範囲だけ振っていくことを心がけていきましょう。

左足上がり以外の傾斜でも同様ですが、傾斜がある場合はスイングをコンパクトにすることをお勧めします。

傾斜がきつければ、きついほどスイングを小さくし振っていきましょう。